オンラインカジノ監視機関の機関eCOGRA(イーコグラ)ってなに?

eCOGRA, ライセンス

今日の一言:まだまだビットコインは値上がりします!


有名な機関にeCOGRA(イーコグラ)があります。その他にも監査機関はあります。オンラインカジノサイトが不正なプログラムを使い、顧客が絶対勝てないように遠隔操作等を行っていないかをイーコグラでは監視しています。

イーコグラでは、安全で公平なギャンブルが各カジノサイトで提供できているかを常に監視しているのです。

http://www.ecogra.org/

eCOGRA(イーコグラ)の歴史

eCOGRA(イーコグラ)が作られたのは2003年です。それまではオンラインカジノでギャンブルを楽しんでいる中で、プレーヤーとカジノサイト側でトラブルが起こっても対処することができませんでした。

せっかく勝利したのに、トラブルがあって勝利金を引き出せないプレイヤーは泣き寝入りしないといけない事も多々あったそうです。

オンラインカジノは海外にサイトがあるため、問題が起こっても近所のパチンコ屋などに行くのとは訳が違います。このeCOGRA(イーコグラ)ができたことによって、多くのオンラインカジノプレイヤーが安心してカジノサイトで遊べるようになりました。

厳しい審査基準

eCOGRA(イーコグラ)では、厳しい審査基準が設けられています。その項目は多岐にわたります。現実のカジノもそうですが、最も多いと言われているのが、ディーラーと顧客とのイカサマです。

eCOGRA(イーコグラ)が審査対象としている項目

  • 勝利金の支払いが確実になされているかどうか
  • 顧客の個人情報をしっかり管理しているかどうか
  • ゲームソフトに不正なプログラムや動きがないか
  • サーバーに負荷がかかるような無理な運営をしていないか
  • アルゴリズムや乱数組成機が正確に動作されているか
  • トラブルの対応をきちんと行っているか
  • ディーラが真面目に働いているかどうか
  • 健全なカジノサイトの運営に力を入れているかどうか

今までにeCOGRA(イーコグラ)の審査基準を一発で満たし、合格したオンラインカジノサイトは無いとも言われています。オンラインカジノサイトを始める前に、サイトのどこかにeCOGRA(イーコグラ)のマークがあるかどうかを確認してみてください。

写真はロイヤルベガスの公式サイトの下に表示されているマークになります。赤枠で囲ってあるのがそのマークになります。

何年も運営しているオンラインカジノはサイトの下のほうに必ずこのeCOGRA(イーコグラ)のマークが付いています。

https://jp.royalvegascasino.com/

審査後も常にカジノサイトを管理

eCOGRA(イーコグラ)の審査にクリアしても、その後もeCOGRA(イーコグラ)の監査があります。フォローアップレビューと呼ばれる定期的な監査を受けて合格しなければ、オンラインギャンブルサイトを運営できないようになっています。

監査基準や審査対象となる項目が増えることもあり、常にユーザー目線でカジノサイトのイカサマを見張り続けているのがeCOGRA(イーコグラ)なのです。その他にも色々な審査対象項目が設けられています。

当サイトで紹介しているオンラインカジノサイトは、eCOGRA(イーコグラ)以外にも、各国の政府ライセンスをしっかり取得しているオンラインカジノサイトなのかを重視して情報掲載をしています。

eCOGRA(イーコグラ)が「しっかり監査してカジノサイトを見張っている」と言っても、実際にプレイして現実のお金を出し入れし、確実に安全にカジノゲームを楽しめるかどうかが最も重要です。

オンラインカジノと聞くと、単体で運営しているように思えるかもしれません。しかし、運営実態はそう単純なものではありません。関連する機関が多くあるのです。

日本のパチンコに例えると

日本のパチンコとスロットも同じように、監督官庁として保安通信協会が遊技機の仕様が適正であるかどうかを調べる試験を行っています。試験に通過したパチスロ台を実際に営業に供して良いかどうかの検定を各都道府県の公安委員会が行っています。また、店舗営業の許可を与えたりするなど、パチンコの運営にも外部の監査機関が携わっています。

オンラインカジノもこれと全く同じなのです。日本にいるとパチンコとスロット、あとは競馬と競輪、競艇などしか楽しめません。時代は変わり、インターネットでオンラインカジノのゲームを、日本からも安心して楽しむためにも、その運営の実態を深く理解することは大切なことです。

日本のパチンコは海外から見ると、ゲーム自体は面白いと言われています。不思議なのは、監督しているのが警察なのどの国家の機関であることです。国がギャンブルを取り締まる法律を作りながらもギャンブルを提供しており、それを管轄しているのが警察などの国の機関なのです。

そのため、癒着が起きやすく退職した警察官の天下り先としても、保安電子通信技術協会が指摘されています。これが果たして健全なギャンブルなのかどうか、疑問がわいてきます。

パチンコは少し特殊で三店方式を取り入れていることから、あくまで特殊景品を提供しているだけであり、「ギャンブルではない」と日本政府は苦肉之策を講じています。オンラインカジノでゲームを楽しむほうが、よほどクリーンな感じがします。

控除率やハウスエッジも日本のパチンコよりもはるかに良くなっています。

お気に入りのオンラインカジノを見つけてください↓

eCOGRA, ライセンス