【保存版】エコペイズからお金を受け取るのに使える国内銀行一覧

ecoCard, ecoPayz, JapanNetBank, SonyBank

今日の一言:まだまだビットコインは値上がりします!


エコペイズにある外貨建ての残高を、日本円に両替して現金化する最も良い方法はなんでしょうか?

エコカードを使ったATM出金でしょうか?

それとも国内銀行への被仕向送金(ひしむけそうきん)でしょうか?

保存版として答えをまとめました。

https://www.ecopayz.com

エコペイズは日本国内銀行ATMの出金手数料が高い

エコペイズのエコカードを使って、日本国内のセブン銀行ATMなどから日本円に両替して現金を引き出している人は多くいます。その際の手数料概算は下表のとおりです。(JPY)

引出金額 エコカード手数料(2.00%) 為替コスト(2.99%) 手数料合計
¥ 25,000 ¥ 500 ¥ 747.5 ¥ 1,247.5
¥ 50,000 ¥ 1,000 ¥ 1,495 ¥ 2,495
¥ 75,000 ¥ 1,500 ¥ 2,242.5 ¥ 3,742.5
¥ 100,000 ¥ 2,000 ¥ 2,990 ¥ 4,990
¥ 125,000 ¥ 2,500 ¥ 3,737.5 ¥ 6,237.5
¥ 150,000 ¥ 3,000 ¥ 4,485 ¥ 7,485

エコカードを使ってATMから出金をする際に、シルバーランクだと一回の引き出し手続きでは、25,000円が上限額です。1日の引き出し上限額はシルバーランクだと75,000円です。したがって、25,000円の引き出しを3回に分けて行う必要があります。

75,000円を引出したときのATM手数料は合計で約3,742円になります。ゴールドランクになり、1日150,000円を引き出した際の手数料は、7,500円近くにもなります。手数料商売とは言え、あまりにも高額です。

エコカードのランク別の限度額や引き出し上限回数は下表でご確認ください。(EUR)

https://www.ecopayz.com より引用)

銀行口座への送金の場合は?

エコカードを使ってATMで現金を引き出しすると手数料がとても高いことがわかりました。次に日本国内の銀行口座への送金の場合です。手数料は「5.90~10.00EUR」で済みます。エコカードを使ったATMからの引き出しと比較してみると非常に安いです。VIPランクになると、銀行口座への引き出し手数料はさらに安くなります。

https://www.ecopayz.com より引用)

まとまった金額だと銀行送金のほうがエコペイズでは手数料が間違いなく安く済みます。

一回に国内銀行へ送金できる金額についても、エコペイズでは5,000万円以上に対応しています。

https://www.ecopayz.com より引用)

1EURを仮に120円として計算すると、500,000EURは日本円で6,000万円にもなります。為替レートは変動しますが、1週間あたりの利用最高限度額については、1億円を超えます。

いくらを超えると銀行送金にしたほうが良い?

エコペイズ残高を日本円に現金化する方法として、国内銀行へまとまった金額を送金すると手数料をかなり抑えられることが判明しました。しかし、銀行送金はATM出金に比べると即時着金しないデメリットがあります。

それを考えた上で、どのくらいの金額から銀行送金にすると賢いのでしょうか?

答えはATM手数料の合計が「5.90~10.00EUR」を上回る場合からです。

銀行送金の手数料は、VIPランクを除いて一律「5.90~10.00EUR」です。つまり、25,000円をATM出金する時点でそのボーダーラインを超えています。

引出金額 エコカード手数料(2.00%) 為替コスト(2.99%) 手数料合計
¥ 25,000 ¥ 500 ¥ 747.5 ¥ 1,247.5
¥ 50,000 ¥ 1,000 ¥ 1,495 ¥ 2,495
¥ 75,000 ¥ 1,500 ¥ 2,242.5 ¥ 3,742.5
¥ 100,000 ¥ 2,000 ¥ 2,990 ¥ 4,990
¥ 125,000 ¥ 2,500 ¥ 3,737.5 ¥ 6,237.5
¥ 150,000 ¥ 3,000 ¥ 4,485 ¥ 7,485

手数料合計が約「1,247円」でした。25,000円以上の金額を一度に、1日で現金化したい場合はエコペイズでは銀行送金のほうがお得だと言えます。

しかし、これはエコぺイズ側の手数料です。日本側ではどの銀行で送金を受け取りするのが良いのかをじっくり選び、「受け取る銀行側の為替手数料や被仕向送金手数料」も計算に入れなくてはなりません。

以上を踏まえて、私のお勧めの銀行をランキングにしてみました。

第1位 ソニー銀行 ★★★★★

Sony Bank WALLET(ソニーバンクウォレット)

ソニー銀行より引用)

✔️ソニー銀行のメリット①【被仕向送金手数料が無料】

ソニー銀行は被仕向送金手数料が無料です。被仕向(ひしむけ)送金手数料とは外貨の受け取り手数料のことです。外貨を受け取る際には、日本の銀行では金額に関係なく、一件あたり平均して3,000円程度の手数料がかかります。しかしソニー銀行は、11の通貨で受け取り手数料が無料なのです。

  1. 米ドル
  2. ユーロ
  3. 英ポンド
  4. 豪ドル
  5. NZドル
  6. カナダドル
  7. スイスフラン
  8. 香港ドル
  9. 南アランド
  10. スウェーデン(SWE)クローナ

外貨建てで送金し、ソニー銀行MONYEKitの外貨預金口座にそのまま入金させることが可能です。

✔️ソニー銀行のメリット②【為替コスト(両替手数料)が安い】

外貨を売却して日本円を購入する時に必要な手数料があります。為替コストや両替手数料などと言います。ソニー銀行は日本国内の金融機関の中でも、この外貨両替コストが最も安いのです。100円あたり0.15銭です。ランクが上がればさらに安くなります。下の表をご覧ください。

ソニー銀行より引用)

10万円分の外貨を日本円に両替したとしても、150円しか両替手数料がかかりません。

1,000ユーロをエコペイズからソニー銀行に送ると、エコペイズ側の手数料は10ユーロです。届いた1000ユーロを円に両替する際の為替コストが150円です。

送金手数料と両替手数料を合計しても12ユーロ以内の手数料で済みます。

仮に1ユーロを120円として、エコペイズから1000ユーロをソニー銀行に送った場合の計算式はこうなります。

  1. 1000 – 10(エコペイズ手数料)= 990ユーロ
  2. 990ユーロ = 118,800円
  3. 118,800円 -(118,800 ÷ 100 × 0.15)= 118,622円
  4. 1200円(エコペイズ手数料)+ 178円(為替コスト)= 1,378円

1000ユーロをソニー銀行に送金して、日本円に両替しても手数料合計が約1,378円だと算出できます。ATMから1,000ユーロを引出す際の手数料は5,000円近く必要でした。その差額は3,622円です。

もちろん為替レートは変動しますが、3%近く変わる計算になります。100万円だと3万円も違うのです。レートについてはソニー銀行の外貨預金のページからリアルタイムレートを確認できます。

ソニー銀行で被仕向送金に必要な情報

必要な情報のみコピーしてご利用ください。ソニー銀行のSWIFTコードは2013年頃に変更されています。

SWIFTコード SNYBJPJT
受取銀行名 Sony Bank Incorporated, Tokyo
支店名, 住所 Head Office, 3-26 Kanda-Nishikicho, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
金融機関コード支店番号 0035-001-XXXXXXX(7ケタの口座番号)
中継銀行(コルレス銀行) The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd, Tokyo, SWIFT, BOTKJPJT
  • TEL:0120-365-723(通話料無料)
  • 平日 9:00~20:00
  • 土日祝日 9:00~17:00

ソニー銀行極めつけのメリットはVISAデビットカード

ソニー銀行には、Sony Bank WALLETという商品があります。

https://www.facebook.com/sonybank.jp/より引用)

カラフルなカードがソニーバンクウォレットのVISAデビットカードです。このVISAデビットカードを使って買い物をすると、MONEYKitの口座残高から引き落としがされます。使った金額に応じてキャッシュバックがあります。キャシュバック率は前述の為替手数料を上回ります。

http://moneykit.net/visitor/sbw/sbw08.html#h3_01より引用)

外貨預金残高よって、最低でも0.5%から最大で2.0%までのキャッシュバックがあります。つまりこのVISAデビットカードを使って、10万円の買い物をした場合は最低でも500円が還元されるのです。

そうすると外貨から円転した場合、額面によっては為替手数料が全くかからない計算になります。キャッシュバックが適用されるショッピング利用金額の上限は20万円までです。エコペイズから20万円相当の外貨をソニー銀行に送る際の手数料は約1,000円です。

「ステージなし」でも、このVISAデビットカードを使って20万円の買い物をすると0.5%ならば1,000円が還元されます。ソニー銀行で20万円分の外貨を売却して円を購入した場合の為替手数料は300円です。

エコペイズからの送金受け取りについては、ソニー銀行での受け取りとこのVISAデビットカードの利用によって手数料を最大限抑えることが可能になります。以上の理由からソニー銀行を第1位に選びました。ソニー銀行の口座をお持ちでない方は今すぐ新規講座開設をお勧めします。

第2位 三井住友銀行SMBCダイレクト ★★★★☆

三井住友銀行SMBCダイレクト(外貨預金)

三井住友銀行より引用)

三井住友銀行SMBCダイレクトでの外貨受け取りもお勧めです。三井住友銀行の円普通預金口座をお持ちだと、インターネットで外貨預金口座開設のお申し込みが簡単にできます。外貨預金口座は、当日すぐに開設することができます。

口座開設の目的は海外資金の受け取り用とします。口座開設に審査等はありません。しかし、ソニー銀行とは違って三井住友銀行では被仕向送金に手数料がかかります。

三井住友銀行の被仕向送金手数料について

絶対に必要な手数料があります。金額に関係なく一件あたり1,500円の手数料が必要です。

手数料とは別にリフティングチャージがあります。リフティングチャージとは、外貨から異なる外貨への両替をせずに、同一の通貨で外国為替取引を行う際にかかる手数料のことです。外貨建てで三井住友銀行の外貨預金口座にそのまま送金すると、一件あたり最低でも2,500円の手数料がかかります。それ以上は送金金額の0.05%が手数料になります。下表のとおりです。

手数料名目 外貨で送金して外貨預金口座で受取 円貨で送金して円預金口座で受取
被仕向送金手数料 1,500円(1件あたり) 1,500円(1件あたり)
リフティングチャージ 送金金額の0.05% (最低2,500円) 送金金額の0.05% (最低2,500円)

海外から円で送金し、円預金口座で受け取る場合はリフティングチャージの名前が円為替取扱手数料になるだけで手数料は変わりません。

通貨両替手数料について

インターネットでの手続きだと、円転する際に70銭(1ユーロあたり)の為替両替手数料がかかります。電話窓口での手続きだと1円40銭(1ユーロあたり)が円に両替する際の手数料になります。

両替手数料は通貨によって異なります。ドルの場合は50銭(1ドルあたり)になります。手数料は改定などがあるかもしれませんので、公式サイトで取引レートをご確認ください。通貨両替の手数料は円預金口座から引き落としになります。

三井住友銀行で被仕向送金に必要な情報

必要な情報のみコピーしてご利用ください。

SWIFTコード SMBCJPJT
受取銀行名 SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATION
支店名, 住所 (例=東京営業部:1-1-2 MARUNOUCHI CHIYODA-KU TOKYO JAPAN 100-0005
お取引店名および住所の英文名表記は店舗のご案内でご確認ください。)
金融機関コード支店番号 0009-XXX-XXXXXXX(3ケタの支店番号と7ケタの口座番号)
中継銀行(コルレス銀行) 各支店に問い合わせ
  • TEL: 0120-56-3143 (通話料無料)携帯電話・PHSからもご利用可。
  • 受付時間:毎日9:00~21:00(1月1日~3日と5月3日~5日は除く。)

土日祝日の営業時間外に外貨両替手続きをとった場合

外貨両替の手続きを、金曜日の夜9時から日曜日の夜9時までに行った場合です。三井住友銀行では月曜日朝7時の為替レートが適用されます。

日曜日の夜9時から月曜日の朝7時までは三井住友銀行ではWEBサイトのメンテナンスを行っています。祝日前は夜9時までの為替取引がリアルタイムレートになり、それ以降に手続きをしたものは翌朝営業時間7時のレートが適用されます。

三井住友銀行のVISAデビットカードについて

三井住友銀行ではVISAデビットカードを発行しています。VISAデビットカードを使うと、支払い金額の0.25%がキャッシュバックされます。10万円の支払いの場合は、250円の還元です。ATM手数料くらいです。ATMから現金を引き出さずにVISAデビットカードで支払いをすると、額面によっては三井住友銀行も円転の際の為替手数料がかからなかった計算になります。

円預金口座のみからの引き落としになりますので、ご利用の際は外貨預金口座の残高は円預金口座に移しておく必要があります。海外旅行にはVISAカードが便利ですし、カードの維持手数料もありません。

 

第3位 三菱東京UFJ銀行 ★★★☆☆

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行より引用)

三菱東京UFJ銀行は外貨で送金し、個人名義の外貨預金口座での受け取りの場合は被仕向送金手数料が無料になります。外貨で送金して円預金口座で受け取る場合は、送金額が3,000円以上になると1,500円の被仕向送金手数料がかかります。下表のとおりです。

手数料名目 外貨で送金して外貨預金口座で受取 外貨で送金して円預金口座で受取
被仕向送金手数料 無料(個人名義外貨預金口座) 1,500円(3,000円以上から)
円為替・外貨取扱手数料 送金金額の0.05% (最低2,500円) 送金金額の0.05% (最低2,500円)

送金人に伝えるべき情報(英文表記)や為替手数料は公式サイトでもご確認ください。

SWIFTコード BOTKJPJT
受取銀行名 THE BANK OF TOKYO-MITSUBISHI UFJ, LTD.
支店名, 住所 例:〒100-8388 東京都千代田区丸の内2-7-1=2-7-1 MARUNOUCHI CHIYODA-KU TOKYO 100-8388 JAPAN(各店舗および住所の英文名表記は店舗のご案内をご確認ください。)
金融機関コード支店番号 0005-XXX-XXXXXXX(3ケタの支店番号と7ケタの口座番号)
中継銀行(コルレス銀行)  各支店に問い合わせ

通貨両替手数料について

窓口の場合は1ユーロあたり1.50銭が手数料になります。個人の場合は三菱東京UFJダイレクトを利用すると1ユーロあたり25銭になります。

レートはその日によって変動します。三菱東京UFJ銀行のホームページでもご確認ください。

マイナンバーカードについて

提示をお願いしているだけであって、2018年末までは無くても受け取りが可能です。しかし、制度の改正によってはいつ提示が必須になるかわかりません。インターネット上で簡単に手続きが取れますので、日本国籍の方はここでご紹介している金融機関にはお早めの提示をお勧めします。

(写真は経営ハッカーより引用)

第4位 住信SBIネット銀行 ★★★☆☆

住信SBIネット銀行(外貨預金)

住信SBIネット銀行より引用)

住信SBIネット銀行の被仕向送金手数料は2,500円程度です。ユーロの場合は25ユーロ、ドルの場合は25ドルと、レートに関係なく25が基準です。一回のお取引が5万通貨未満の場合です。5万通貨以上の場合は無料になります。日本円だと500万円以上です。

住信SBIネット銀行より引用)

住信SBIネット銀行で被仕向送金に必要な情報

必要な情報のみコピーしてご利用ください。

SWIFTコード NTSSJPJT
受取銀行名 SBI SUMISHIN NET BANK,LTD.TOKYO
支店名, 住所 本店または支店名、支店番号(3桁)/東京都港区六本木1丁目6番1号
Head Office or Branch Code (3 characters) / Izumi Garden Tower 18F, 1-6-1, Roppongi Minato-ku, Tokyo, 106-6018, Japan
金融機関コード支店番号 0038-XXX-XXXXXXX(3ケタの支店番号と7ケタの口座番号)
中継銀行(コルレス銀行) 各通貨ごとに異なります

住信SBIネット銀行では、被仕向送金の際に記入する中継銀行については各通貨ごとに異なります。リンクからご確認ください。

外貨預金の金利についても気になる方はこちらのリンクからご確認ください。

住信SBIネット銀行カスタマーセンター

平日9:00~18:00、土・日・祝日9:00~17:00(12月31日、1月1~3日、5月3~5日を除く)

  • 0120-974-646(通話料無料)
  • 携帯電話・PHS:0570-001-646(通話料有料)
  • 国際電話:03-5363-7372(通話料有料)

第5位 楽天銀行 ★★☆☆☆

楽天銀行(外貨預金)

楽天銀行より引用)

楽天銀行でも海外送金の取り扱いあがあります。しかし、楽天銀行の海外送金サービスは個人向けではなく法人向けの商品サービスになっています。受け取りの際には資金の性質についてや、送金人との関係を証明するために、送金元口座情報の証明に必要な書類が多くあります。これらをFAXや郵送しないとならない場合があります。

個人名義の口座で海外送金受け取りができないわけではありません。外貨預金口座の開設は簡単ですが、法人向けである点が個人の場合だと楽天銀行が使いにくい理由です。サービスの概要を楽天銀行より引用します。

被仕向送金手数料について

2,450円になります。中継銀行等で別途手数料が発生する場合があります。2,450円の海外送金手数料は円普通預金口座から引き落としになります。

為替コストについて

受け取りの為替コストは上の表のとおりです。(楽天銀行より引用)

楽天銀行で被仕向送金に必要な情報

必要な部分をコピーしてご利用ください。

SWIFTコード RAKTJPJT
受取銀行名 RAKUTEN BANK, LTD. HEAD OFFICE
支店名, 住所 1-14-1 TAMAGAWA, SETAGAYA-KU, TOKYO, JAPAN
金融機関コード支店番号 0036-XXX-XXXXXXX(7ケタの口座番号)
中継銀行(コルレス銀行) CITIBANK JAPAN LTD., TOKYO,  JAPAN, SWIFT, CITIJPJT

楽天銀行 海外送金専用窓口

月曜日~金曜日の9:00~17:00(※)
※ 土・日・祝日・12月31日~1月3日を除く。

  • 0120-691-075(通話料無料)
  • 携帯電話・PHS:0570-081-910(通話料有料)
  • 国際電話:03-6832-2252(通話料有料)

以上で、エコペイズからの送金受け取りに使いやすい日本の金融機関のご紹介を終わります。このページは更新をしておりますので、ご確認の際にも活用してください。何か記載事項にミスがあれば教えてください。

お気に入りのオンラインカジノを見つけてください↓

ecoCard, ecoPayz, JapanNetBank, SonyBank