入出金方法

ecoPayz【エコペイズ】のecoCard【エコカード】発行手順 | MasterDebitCard

エコペイズは日本居住者にはエコカードの発行を停止していましたが、2017年4月末時点ではエコカードの発行を再開しております。


ecoPayzのアカウントをシルバーアカウントにアップグレードさせたら次はecoPayzのマスター機能付きデビットカードを発行してみましょう。ecoPayzのecoCard(エコカード)はデビット機能が付いてます。日本でもMasterCardと提携しているお店でお買い物の決済にも使えます。

エコペイズ公式サイト

エコペイズのエコカードの写真

[blogcard url=”https://casinolivelove.com/upgrade-ecopayz/”]

ecoPayzシルバーエコアカウントになっていないとできません

シルバーエコアカウントになっていないとできませんので、まだの方はエコアカウントのアップグレードを行って下さい。

エコペイズのマスター機能付きのecoCardは、日本国内の銀行ATMでも利用できます。MasterCardが使えるATMであれば、全国どこでも24時間、日本円をすぐに引き出すことが可能で大変便利です。

まずはecoPayzの公式サイトにアクセスします。リンクは別のタブでページが開くようになっています。このページを閉じないで手続きを進めてください。

ecoPayz(エコペイズ公式URL)へアクセス

https://secure.ecopayz.com/Registration.aspxエコペイズのサイト画面の写真

アクセス後は「ecoCard」をクリックします。

エコペイズのサイト画面の写真

このページには上記の内容が書かれてあります。ecoPayzのデビットカード(MasterCard)を使って新たにできるようになるサービスについて具体的に書かれてあります。

ecoPayzのデビットカード(MasterCard)は発行無料

ページを少しスクロールすると「ecoカードの発行は無料である」とか、「3週間以内に届けます」と書かれてあります。日本市場ではほとんど用済みに近いネッテラー(NETELLER)やスクリル(Skrill)では、プリペイドカードの発行に手数料が1400円ほど必要でした。それに比べると無料であるのはecoPayzのほうが優秀だと言えます。

また、デビット機能の付いたカードの発行が無いエントロペイ(Entropay)に比べるとecoPayzのエコカードは日本の銀行ATMでも使える点が便利さで勝っています。

エコペイズのサイト画面の写真

ecoPayzのデビットカード(MasterCard)を取得する準備は確認事項だけです。次のページで確認しますので「Apply Now》」(今すぐお申込み)をクリックします。

するとこの画面が開きます。

エコペイズのサイト画面の写真

英語だと分かりにくいと思いますので、ページを日本語に翻訳します。

エコペイズのサイト画面の写真

ecoPazyのエコカード(MasterDebitCard)の申し込み

このページは、特に変更する事項がなければそのままスクロールしてチェックボックスをクリックし、発行ボタンを押せば手続きが済みます。しかしその前に、必ず4つの項目を確認して下さい。

  1. エコカード(MasterDebitCard)を発行するアカウントの選択
  2. 発行したエコカード(MasterDebitCard)の氏名の確認
  3. エコカード(MasterDebitCard)を郵送する宛先住所の確認
  4. ecoPayzに登録してあるメールアドレス

デビットカードを発行するアカウントの選択ですが、最初はひとつの利用だと思います。ecoPayzで複数通貨のアカウントを持っている人は、カードを発行するアカウントや通貨の選択を間違えないようにしましょう。

カードを発行するおすすめの通貨は、日本円からの送金を考えるならEURです。その他には、世界基軸通貨のUSDのエコカードも発行しておけば完璧です。

[blogcard url=”https://casinolivelove.com/ecocard-currency”]

黄色のビックリマークの英文について

「発行するデビットカード(MasterCard)の氏名のローマ字が間違っていないか確認してください」と書かれてあります。「もし間違っていた場合はサポートに連絡して変更の手続きを取ってください」と書いてあります。日本人の場合はミドルネームなどがなければ、順番などもほとんど間違っていません。

MAIL:customersupport@ecopayz.com

【重要】エコカード(MasterCard)の郵送先表記確認

エコペイズのサイト画面の写真

この画面のモザイク処理のされている部分に、あなたの住所が英語表記で書かれてあります。黄色のビックリマークの部分には「ここにカードを発送するけど引っ越していないか?間違っていないか?最新の情報に更新されていなければサポートに連絡して下さい」と書いてあります。

日本の住所を英語で表記する場合について

アルファベットの表記ですが、英語の場合はストリート(番地)が先になり、続いて市区町村、都道府県、国の順番で表記します。マンションなどにお住まいの方は、順番がばらばらに表示されていて不安になるかもしれません。郵便番号とマンションの部屋番号の表記が正しければ日本の郵便局でもしっかりと受理されるので大丈夫です。

チェックボックスにチェックを入れて、処理を続行します。すると完了画面が表示されます。

エコペイズのサイト画面の写真

日本語に翻訳するとこのようなことが書いてあります。

エコペイズのサイト画面の写真

ecoPayzに登録したメールアドレスを確認してみよう

以上でecoPayzのエコカード(MasterDebitCard)の発行手続きが完了です。エコカードの到着までは長くても約3週間かかります。到着まで楽しみに待ってみましょう。

到着後は登録されているメールアドレスからPINコード(暗証番号)などの設定が必要です。ecoPayzに登録してあるメールアドレスは普段から利用しているメールアドレスに設定しておいてください。

エコペイズからカード発行のお知らせ

エコペイズからカード発行のお知らせ

手順で何か分からないことがあればお気軽にコメントをお寄せ下さい。最後までecoPayzのエコカード発行手順を読んでいただきありがとうございました。次回はecoPayzのエコカードの認証方法について解説します。

[blogcard url=”https://casinolivelove.com/ecocard-activation”]

関連記事

  1. 【悲報】エコペイズがエコカードを日本国居住者へ新規発行しなかった理由と…

  2. ecoPayz【エコペイズ】スマホアプリからエコカードを有効化する手順…

  3. エントロペイ残高をエコペイズへ送金する方法(手数料高めです)

  4. エコペイズからの海外送金をSONY銀行で受取お得に円転する方法

  5. エコペイズ【ecoPayz】通貨がユーロのエコカードでもATM出金可能…

  6. 【朗報速報】エコペイズのエコカードが日本でも発行再開!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

最近の記事 おすすめ記事

OfficialTwitter@SweetCasino



2018年お勧め通貨の現在価格


PAGE TOP